石垣島体験ダイビングBLOG

シュノーケル にタグ付けされている記事

【2022年最新版】石垣島シュノーケリング初心者講座【よくある質問7選】

2022年1月3日
石垣島 シュノーケリング 幻の島

石垣島での初めてのシュノーケリング!
石垣島の魅力はなんと言っても豊富な生物やカラフルなサンゴ達。
シュノーケリングを目一杯満喫するために、石垣島歴15年の浜ちゃんが石垣島のシュノーケリング事情を解説します!


シュノーケリングは海水浴と違い、岸から離れた場所で泳ぐことが可能です。

岸から離れることで、桁違いの生物の数やサンゴを見ることが出来ます。

SNSやテレビなどで水中の景色を見ることがあると思いますが、ほとんどはシュノーケリングやダイビングなど岸から離れた映像を私達は見ています。

海水浴では石垣島の海の素晴らしさは1%も伝わらないと思います

あんな景色を見てみたい・・・って方は、是非シュノーケリングにチャレンジしてみてください!


石垣島でダイビングガイド歴15年のプロインストラクターが監修

浜 佑介

はま ゆうすけ

ダイビングスクールあつまる 代表

PADI Master Scuba Diver Trainerエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター、潜水士、小型船舶操縦免許(1級、特殊)
22歳の時に兵庫県より石垣島へ移住、27歳で独立、36歳で法人化(合同会社ダイビングスクールあつまる設立)
年間1000人以上の体験ダイビング、シュノーケリングを開催。
ダイビング本数は10000本を突破!

初心者の方や苦手意識のある方のサポートが得意。
「楽しかった!」と言ってもらえるのが何よりの好物。

Profile Picture

シュノーケリングって何?



シュノーケリングとはシュノーケルと呼ばれる筒状のアイテムを使って、水面で呼吸をしながら水中を覗くアクティビティです。

資格、年齢、性別不問で誰でも楽しめるアクティビティです。

手軽に誰でもできることから人気もあり、石垣島で一番参加者の多いアクティビティとなっています。

シュノーケリングで使う機材はどんな物?



シュノーケル、マスク、フィン、浮き具(ウェットスーツやライフジャケット)

上記の物を使用します。

シュノーケルは顔の左側に装着し、口でくわえて呼吸を行います。

シュノーケルの先っぽが水面から出ていなければ呼吸をすることは出来ませんので、水中に入ってしまうと口の中に海水が流れ込んできます。

大きなストローで呼吸をしていると思ってください。

マスクはおでこから鼻の下までを覆う大きな水中メガネです。

海水が鼻に入ってくるのを防ぐ役割があります。


石垣島 シュノーケリング


フィンは足に履いて泳ぐための物です。

素足で泳ぐよりも楽に何倍ものスピードで進む事ができます。

速さを競うことはありませんが、広範囲を泳ぐことができるので沢山の生物やサンゴを見るためにも必須です。

ウェットスーツやライフジャケットは事故を防ぐために必ず必要な道具です。

立ち泳ぎをしなくても体が浮く状態を作れるので、休憩したい時も楽に休憩をすることが出来ます。

また、ウェットスーツは保温性もあるので体温の低下を防ぐことも出来ます。

クラゲや岩などの外傷からも身を守ることができます。


シュノーケリングはどうやってやるの?



シュノーケリングを行う方法は2パターンあります。

  • 個人でビーチから海に入ってシュノーケリングを行う
  • ツアーを使ってガイドをしてもらいながらシュノーケリングをする


という方法です。

それぞれメリット・デメリットがあるので解説します。

一番のメリットは海と道具さえあればいつでもどこでも行える手軽さが魅力です。

もちろん海に入るだけなので料金はかかりません。

道具の購入費やレンタル費のみでシュノーケリングを行うことが出来ます。

シュノーケリングの機材はそこまで高額ではないので購入もオススメです。

いつでもどこでも気軽にできるのは非常に大きなメリットになりますね!


メリットに比べてデメリットは非常に大きいです。

海が綺麗じゃない。ビーチから近いポイントは濁りやすく、透明度が1,2mのポイントも多くあります。

魚や生物の数もビーチからではあまり見ることができません。

個人でビーチから入った場合、事故に合われる方も多くいらっしゃいます。

初めて石垣島に来たという方には非常に危険な選択です。

後半でシュノーケリングの事故についても解説しますので、個人で海に入ろうと思っていた必ず御覧ください。


個人でシュノーケリングをする際のメリット・デメリット

メリット

ほぼ無料でできます。

機材をレンタルする場合も、数百円~利用できます。

デメリット

キレイなポイントが少ない。

危険な箇所がいっぱいあるので、事故が毎年多発している。


石垣島 シュノーケリング 事故



  • ツアーを使ってガイドをしてもらいながらシュノーケリングをする。

メリットは安全に当日のコンディションを考慮して最高のポイントへ案内してもらえる事です。

ガイドは当日の風や波の状況を見て安全に楽しめるポイントを熟知しています。

ガイドに任せておけば、石垣島の魅力をたっぷりと感じることができるはずです!

サンゴの多いポイント、幻の島、ウミガメやマンタとの遭遇など個人では行けないようなポイントも沢山あります!


デメリットとして、料金がかかります。



石垣島シュノーケリングツアーの相場

半日コース:4000円~10000円

1日コース:10000円~15000円



コースに含まれる物、含まれない物もあるので料金だけでなく、詳細もチェックしましょう!

機材代、ドリンク代、ランチ代(1日コースの場合)、保険代が含まれている場合が多いです。

ツアー代は安いけど、逆に全て別料金と言うショップもありますので、トータルで高くなってしまう場合もありますのでご注意を!


また、もう一つのデメリットとして時間が決まっています。

時間帯が決まっている場合がほとんどなので、自分のスケジュールに合わせて行うことができません。


参加時間シュノーケリング


シュノーケリングツアーの基本的な時間帯

午前コース:8時~11時30分

午後コース:12時30分~16時

1日コース:8時~15時



平均的なツアー時間がこの様になっています。

この時間帯のスケジュール以外で開催しているツアーはあまり多くはありません。

どうしてもこの時間で参加したい!という希望がある方はチャーターや貸切対応のショップを探すのもおすすめです。

ツアーに参加してシュノーケリングを行うメリット・デメリット

メリット

キレイなポイントや面白いポイントへ連れて行ってもらえる。

安全管理をしてもらえるので安心。

デメリット

お金がかかる



人気シュノーケリングツアー2選

シュノーケリングとダイビングの違いは?


シュノーケリングは水面で遊ぶアクティビティです。

ダイビングは水中で遊ぶアクティビティです。

シュノーケリングはシュノーケル、フィン、マスク、を使って行うシンプルな物で、ダイビングは背中に空気の入ったタンクを背負って行います。

シュノーケリングのアイテム以外に、ウェットスーツ、レギュレーター(タンクとつないで空気を吸うための物)、BCD、タンクを利用して行います。

石垣島 ダイビング 体験
ダイビングは水中で
石垣島 シュノーケリング 幻の島
シュノーケリングは水面で


同じ水中を見るアクティビティですが、シュノーケリングはサンゴや魚を風景として楽しみます。

ダイビングはシュノーケリングよりも近くでサンゴや魚を観察することができるので、じっくりと生態を見ることもできます。

どちらも楽しみ方が違うので、お好きな方を選んで問題ないと思います。



シュノーケリングは誰でもできるの?




結論から言うと基本的には誰でもできます。

年齢、性別、経験問わず参加ができるのがシュノーケリングの魅力でもあります。

あまりにも小さいお子様は機材が合わない、若しくは着けるのを嫌がる場合があるので、その場合は箱メガネなどを用意してくれるショップもあります。

年配の方で体が動かしにくい方、障害がある方なども参加可能です。

対応可否はショップによって違いますが、対応可能なショップは相談すればスタッフがマンツーマンで対応してくれます。

参加できない可能性がある方

疾病のある方や妊娠中の方は安全のためお断りされる場合もあります。

港からポイントまでは20分~30分程度かかるので、万が一何かが起こった場合に対応が難しいのが理由です。

スムーズに行って病院への到着は1時間程度かかります。

必ず事前に参加可能か確認を行いましょう!



泳げない人もできるの?


泳げないから不安・・・一緒に行く人に迷惑かけそうだから・・・

と敬遠している方も安心してください。

シュノーケリングは泳げない方でも行うことが出来ます!

もちろん1人で海に行くことはオススメしません。

必ずツアーを利用して行ってください。

ツアーガイドが安全に案内をしてくれます!

泳げない方のために様々な器具も貸してもらえます。

ウェットスーツやライフジャケットの様に着ているだけで絶対に沈まない器具をはじめ、浮き輪やレスキューチューブの様な捕まるタイプの物もあります。

石垣島シュノーケリング ウミガメと泳げる

体が沈む事もありませんし、水泳のように息継ぎをする必要もありません。

きちんと道具を装着して、正しい使い方を覚えればどなたでもシュノーケリングができます!

シュノーケリングの事故をニュースで見ますが危険はないですか?


自然下で行うアクティビティなので危険が全くないと言う事は断言できません。

実際に石垣島で事故は毎年起こっています。

事故の殆どは個人でビーチから海に入り、正しい知識や道具を使わずに溺れたパターンが多くを占めています。

もちろんツアーガイドの管理下でも事故が起こる可能性がなくなる訳ではありませんが、安全性は段違いです。

もし個人でシュノーケリングを行う場合でも、1度はプロに教えてもらいましょう。

まとめ


0980-87-0886