石垣島体験ダイビングBLOG

ビーチクリーン

2021年3月8日

今日は、北部で開催されたビーチクリーンに参加してきました。

私は初めて参加したのですが参加者の多さにびっくりしました。今日の参加者は約230人!!

子供も多く参加しており、一生懸命ゴミを拾っていました。

これは、ビーチに落ちていたゴミの写真です。

ゴミの多くはプラスチック、ペットボトル、漁具、発泡スチロールでした。

私たちのとても身近で便利なものですが、捨て方を間違えると環境に悪影響を及ぼすことを実感しました。

落ちているペットボトルのキャップを見てこのキャップを集めたらワクチンを作ることができ、貧しい国の人たちを救うことが出来るのになと思いました。

一人一人が気を付ければ綺麗な海を保つことが出来、ゴミの捨て方を少し工夫すれば人を助けることが出来ます。

ゴミをゴミ箱に捨てるという事は、難しいことではありません。みんなで協力して綺麗な海を守っていければ良いなと思いました。

 

皆さんウミガメの死亡原因を知っていますか??

ウミガメの多くは餌と間違えプラスチックを食べてしまったり、プラスチックに付いている有害物質を食べて死んでしまうのです。

人間が出したゴミにより、ウミガメをはじめとする多くの生物が死んでしまっています。

私もウミガメの死亡原因は知っていたのですが、本当なのかな?と思っていました。

しかし今日のビーチのゴミの量を見てわかりました。

 

拾ったゴミはこのように、ブルーシートの上に集め最後に分別をします。

まだ拾っている途中ですがこんなにも沢山ありました。

 

 

これは分別をしているときの様子です。

最初は各自で分別している物を袋に入れていたのですが途中からみんなで声を掛け合い、担当している人にゴミを渡したり、近くに集めたりしました。

みんなで協力して綺麗にしようとしているのが分かり、とても素敵だなと思いました。

 

拾った時間は、約1時間30分ですがこんなにも拾うことが出来ました。

このゴミはバケツリレーで、ビーチの上まで運びました。量だけを見ると多く感じますがみんなでやればあっという間でした。

 

 

 

 

 

私は参加している高校生を見て部活動で参加してると思っていました。

しかし話を聞いてみると友達同士で集まり来たと言っていて驚きました。

私が高校生の頃この様な活動に参加したことがなかったので、海を守ろうという気持ちを持って行動できるのは凄いと思いました。

思っても行動に移すことは簡単じゃないので、高校生の話を聞いて私も見習わなければいけないなと思いました。

 

初めてビーチクリーンに参加したのですが石垣の海の現状を知ることが出来、海を守るために自分達が出来ることは怠らずにやろうと思いました。

今後も機会があればビーチクリーンに参加していきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを書く







コメント内容


0980-87-0886