石垣島体験ダイビングBLOG

ウミガメとシュノーケリング

2021年3月1日

今日から3月ですね。3月1日は防災用品点検の日なんです。

関東大地震の起きた9月1日、3月1日、6月1日、12月1日の年四回もあるんです。

私は東日本大震災が起きた時、まだ小学生だったのですが、テレビで見た震災の様子が衝撃で非常食などを準備したり

どうやって非難をするか、家族がバラバラだった時にどう非難するかを考えました。

「もしも」に備えることは大切なので、皆さんも防災用品の点検をしてみましょう。

 

 

そして、3月と言えば卒業シーズン。卒業旅行のシーズンですね。

私は去年の今頃、専門学校の卒業式だったのですが、コロナで卒業式も卒業旅行も無くなってしまい、

皆との別れがちゃんと出来ませんでした。

今年卒業を迎える方には、自分と同じ思いをしてほしくない、そんな思いがとても強いです。

緊急事態宣言も多くの県で解除され始め、コロナも収まってきているので早く収束して、皆さんの卒業旅行をお手伝い出来たらなと思っています。皆さん石垣でお待ちしております!!

 

 

今日は、体験ダイビングとシュノーケリングに行ってきました。

 

 

シュノーケリングでカメさんに遭遇してきました。

最初の方はカメさんが不在で、中々見つからず。

今日は、全然いない。と、思ったら次々とカメさんが挨拶しに来てくれました。

カメさんのおかげでこんな素敵な写真が取れちゃいました!!

 

カメさんに驚きながらも、ばっちりポーズ。こんなばっちりポーズを出来る人はなかなかいませんよ!!

 

 

 

このカメさんは、アオウミガメという種類なんです。

ウミガメの多くは、肉食なのですがアオウミガメは草食で海藻などを主食とします。

しかし、子ガメはカニやクラゲ、海綿などの無脊柱生物も食べるんです。

アオウミカメは2~4年に一度、海岸近くの浅瀬で繁殖をします。

産卵が近付くと、メスは生息する海を離れて産卵場所を探し始めるのです。

赤ちゃんを産むまでを全て自分でやるウミガメはすごいですね。

石垣島 ダイビング

 

 

ここからアオウミガメのクイズを出して行きますね!!

それでは、第一問!

アオウミガメの寿命は何年でしょう。

 

 

答えは、約60~80年

最初は60~80と聞いて、長!!と感じますが人間で考えたら、早い方ですね。

 

 

第二問!!

最高体重は何キロでしょう。

 

 

 

答えは、320kg

実は、こんなにも重いんです。見た目じゃ全然わからない。とても不思議ですね。

 

 

 

第三問!!!

一回の産卵で、何個の卵を産むでしょう。

 

 

 

 

答えは100~200個

こんなにも多くの卵を産むのに、アオウミガメは絶滅危惧種なんです。

 

死んでしまう原因として餌と間違えビニール袋などを食べてしまうという事があります。

 

石垣では、多く見られるウミガメですが日本では、このような問題が沢山あります。

ウミガメなど多くの生物を守るために、皆さん海には優しくしましょう。

 

是非皆さんもアオウミガメに会いに来てください。

コメントを書く







コメント内容


カテゴリー

最近のコメント

0980-87-0886